プロフィール

古関すまこ

舞踏家、振付家。東京大学文学部卒。早稲田小劇場、VAVスタジオを経て1977年渡仏。ナンシー演劇祭、アヴィニオン等で注目され、グロトフスキー、Ph.アドリアンらと交流。バロー劇場、コメディー・フランセーズなどで活動。西欧の明晰な舞踊論・演出法と日本的《気》の身体技法との統合、《精緻な美と錯乱、憑依的状態と速い動き、悲劇性と道化性》などの出会う地平で、独特の舞踏スタイルを生み出している。現在はヨーロッパの活動に加え、シアターカイの恒常的「舞踏ワークショップ」や放送大学等講師も。


English

PLOFILE

Sumako Koseki(dancer and choreographer of BUTO)studied Japanese performing arts with Tadashi Suzuki (art of Nô, Kabuki in a contemporary context) and Isso Miura (Butoh). In 1980 she founded her dance group in France and worked with many significant European artists (Grotowski, Barba, Leotard, Adrien and others). Her performances in Theatre du Rond Point, Festival d’Avignon, Mimos, Theatre d’Ivry etc. marked strong emotion.
Her teaching method based on “KI”(cosmic energy) work is also very appreciated over the world.In the dance studios in Paris, in the University of Nante, also in the forest in Czech Republic, on the seashore of Crete, around a Celtic Menhil..

 

略歴

1977
フランス、ナンシー国際演劇祭招聘参加、グロトフスキーらと共同作業。
1985-88
パリ市芸術振興協会講師 (シラク氏より勲章授与)
1988
アヴィニオン演劇祭にて«Artaud Ange Déçu (堕天使アルトー)»を発表し注目を受ける。
1990
B・ノエル作『聖餐の城』(1968年に発禁のエロティック文学の再刊記念公演)パリ、バタクラン劇場公演。太陽劇団出身気鋭の男優フィリップ・レオタールの相手役となる
1993
アンリ・ミリショー作 « Espace aux ombres (影の空間) »。ラ・クリエ劇場、ルノー・バロー劇場公演。ジャン‐ルイ・バローやカミュなどと親交のあった名優カトリーヌ・セレルスと共演
1995
イブリー市立劇場にて« Corps »上演。マクベスに題材を得て共同演出、振付け・出演。コメディー・フランセーズ、ヴュー・コロンビエ劇場にてジャン・ジュネ作『女中たち』振り付け担当(テンペスト座,Ph.アドリアン演出)
1996
エクサン・プロバンス大学演劇科講師
1996-97
ヒップホップグループtraction avant compagnieと共にフランス各地、カナダ公演ツアー
2000
『女中たち』好評につきコメディー・フランセーズ、リシュリュー劇場にて再演される。
アヴィニオンおよびミモス演劇祭参加。南仏セヴェンヌ山地で野外ワークショップ。
2001
世界文化会館(パリ)にて新旧の日本紹介(舞踏Tzigan Japanすまこ上演と筑紫舞紹介)
2002
俳優座共同作品イヨネスコ « Macbeth »振付け・出演。ルーマニア等ヨーロッパ公演
駒澤大学教職課程非常勤講師となる。
2004
「蓮華考」(シアターχ)、2006第七回シアターχ国際舞台芸術祭に「情動的複合体」で参加
2007
シャイヨー国立劇場にてドミニク・デュピュイ振り付け作品、ドイツ表現主義と舞踏の出会い« Regard par-dessus le col (峠の向こうに見た世界) »に出演
2008~
アヴィニオン冬季ダンスフェスティバルに参加。ソロ作品« Femme sans Visage (百顔女) »でチェコ、ギリシャ、フランス、イタリア公演ツアー
2009~
放送大学講師
2010
第九回シアターχ国際舞台芸術祭に「MC,MC」で参加
2011
アヴィニオン冬季ダンスフェスティバルに公式招聘され Les Penitants Blancs 教会チャペルにて公演 ”Et puits...et puis ? “
舞踏研発表会「マクベス断章―遠野から」「かぶく」(シアターカイ)
第十回シアターχ国際舞台芸術祭に「私という現象は」で参加
2013
舞踏研発表会「めったモルフォうぜ!」(シアターカイ)
2014
舞踏研発表会「ladyMと森のM女たち」(シアターカイ)
“fiction-reality” (アテネ公演)
2015
シアターカイ主催公演「バベル定例集会-多和田葉子原作『動物たちのバベル』による}    
”Strange Woman“(アテネ公演)